English
日本語

Foundation Pasteur Japon

財団からのお知らせ
財団からのお知らせ

ホーム>財団からのお知らせ

財団からのお知らせ

【パスツール研究所に派遣のポスドク セベール・ヴァンサンさん活動レポート(その2)―年次進捗報告】

2019年末に、パスツール研究所・在日フランス大使館・日本パスツール財団の3者共同出資による初のポスドク奨学生として選考され、2020年3月にパリのパスツール研究所に着任したジャンヌ・ペルペチュ = セベール・ヴァンサンさんから、1年間の活動レポートが届きました。

ペルペチュさんのポスドクの研究テーマは、西アフリカのセネガルとブルキナファソにおいて、臨床的に重要なB型肝炎ウイルス(HBV)の量を診断するために、PCRに代わる低コストのHBVマーカー[LAMP(※)、B型肝炎e抗原およびB型肝炎コア関連抗原]による診断精度と実現可能性を評価することです。

詳しくは、こちらの年次進捗報告をご覧ください。
⇒年次進捗報告(2020年3月~2021年3月)

※LAMP法については、こちらをご参照ください。
⇒http://loopamp.eiken.co.jp/lamp/

国立国際医療研究センター(NCGM)勤務時代のペルペチュさん

写真は、国立国際医療研究センター(NCGM)勤務時代のペルペチュさん