English
日本語

Foundation Pasteur Japon

財団からのお知らせ
財団からのお知らせ

ホーム>財団からのお知らせ

財団からのお知らせ

【エマニュエル・シャルパンティエ博士ノーベル化学賞受賞おめでとうございます!!】

今年のノーベル化学賞は、エマニュエル・シャルパンティエ、ジェニファー・ダウドナ両博士が受賞しました。 シャルパンティエ博士は、博士号をパスツール研究所で取得しており、当財団にとっても関わりの深い方です。 シャルパンティエ博士は、1968年パリ郊外の生まれで、まだ51歳の若さです。これからも更なるご活躍が期待できますね。

受賞の対象となったのは、CRISPR-Cas9 と呼ばれるゲノム編集手法で、現在ゲノム編集の主流となっています。この手法のおかげで、遺伝子研究が大きく進歩したと言われています。

その輝かしい業績から、今までにも数々の受賞歴のある博士は、2017年にやはりダウドナ博士と共に「日本国際賞」を受賞(※)しています。

※シャルパンティエ博士の2017年日本国際賞受賞については、以下の在日フランス大使館HPの記事をご参照ください。
⇒https://jp.ambafrance.org/article11087

シャルパンティエ博士と財団の中村理事 (在日フランス大使館での 2017年日本国際賞受賞祝賀会にて)