Foundation Pasteur Japon

財団からのお知らせ
財団からのお知らせ

ホーム>財団からのお知らせ

財団からのお知らせ

【12/18日仏セミナー “アジア・アフリカにおけるエビデンスに基づいた感染症対策の発展”のお知らせ】

日本パスツール財団では、今年が日仏友好160周年、パスツール研究所設立130周年の節目にあたることを記念し、今年創立150周年を迎えた国立国際医療研究センター(NCGM)との共催で、日仏セミナー“アジア・アフリカにおけるエビデンスに基づいた感染症対策の発展”を開催します。

セミナーの参加費は無料ですが、懇親会の参加費は2000円を受付で頂戴します。添付の趣意書と案内ちらしをご覧いただき、ご興味のある方は参加申込書をダウンロードしてご記入の上、メール添付またはFAXにて当財団事務局までお送りください。定員200名、12/7(金)締切りで先着受付順となっておりますので、お早めにお申込みください。
(なお、当セミナーは日/英同時通訳付きで行われます。)
⇒申込書(PDF)をダウンロード

【December 18 Franco-Japanese Seminar on “Developing Evidence-Based Infectious Diseases Control in Asia and Africa”】

In celebration of the 160th anniversary of Franco-Japanese Relationship and the 130th anniversary of foundation of the Pasteur Institute, Fondation Pasteur Japon will organize jointly with National Center for Global Health and Medicine (NCGM) who celebrates the 150th anniversary since its creation this year a Franco-Japanese seminar with the theme of “Developing Evidence-Based Infectious Diseases Control in Asia and Africa”.

The participation to the seminar is free of charge, but participants to the cocktail will be required to pay 2,000 yen in cash on the spot. Please refer to the attached flyer and make your entry by downloading the Entry Form and sending by E-mail or by Fax to the secretariat of our foundation. Seat capacity is 200 people, and entry will be closed on Friday December 7 on first-come-first-served basis.
(This seminar will be held with English/Japanese simultaneous translation.)
⇒Download the Entry Form (PDF)