Foundation Pasteur Japon

日本パスツール財団について
日本パスツール財団について

ホーム>日本パスツール財団について - 日本パスツール財団の活動 【日仏共同奨学金プログラム募集要項】

日本パスツール財団について

日本パスツール財団の活動 【日仏共同奨学金プログラム募集要項】

2018年度 募集要項

日本パスツール財団-フランス政府による
日仏共同奨学金プログラム 2018年度(2018-2019年)
(フランス政府共同給費プログラム)

一般財団法人 日本パスツール財団は在日フランス大使館と共同で、医科学研究分野における日仏協力関係を発展させる目的で、パスツール研究所での研究活動を希望する日本人学生を対象に日仏共同奨学金プログラムを実施します。

本年度の募集要項は以下の通りですので、期限厳守の上お申込下さい。

【申込資格】

  • 対象学生:修士課程、博士課程に在学中の者
  • 年齢条件:1988年1月1日以降出生の者
  • 仏パスツール研究所の研究部門長またはそれに代わる責任者から受け入れの許可または招聘を受けていること
  • フランスの高等教育機関(大学やグランゼコール)に登録していること
  • 研究分野:仏パスツール研究所で行われている全ての研究分野

(パスツール研究所の研究室リストについてはパスツール研究所の下記ウェブサイトを参照ください。
https://research.pasteur.fr/en/teams-heads/(英語)又は
https://research.pasteur.fr/fr/teams-heads/(フランス語)
*なお、従来対象に含まれていたポスドク派遣に対する給付は、2018年度はありません。
その他、フランス政府給費留学生募集要項による。

【派遣人数】

年間1名

【派遣期間】(2018年中に出発できる者に限る)

  • 2018年9月から最長10ヵ月

【奨学金】

  • フランス政府給費に月額750ユーロ加算

社会保険料はフランス政府が全額負担する。
日本⇔フランス往復エコノミークラス航空運賃は日本パスツール財団が負担する 。
但し1,000ユーロを限度とする。

【奨学金を受けるものの義務】

派遣された期間を通じ、パスツール研究所において当該奨学生の指導責任者の指示により作成された研究計画に基づき研究に専念すること

派遣期間開始3ヵ月及び6ヵ月後に中間報告、並びに派遣期間終了後2ヶ月以内に、研究成果に関する報告書(研究概要)を日本パスツール財団宛提出すること(和文及び仏文或いは英文)

【選考方法】

フランス政府留学生試験に準ずる( 在日フランス大使館のウェブサイトを参照のこと)

【選考結果通知】

最終審査の結果は2018年1月1日以降に本人にE-mailで通知する。

【日本パスツール財団に提出すべき申請書類】

  • フランス政府給費留学試験願書のコピー
  • フランス政府給費留学生試験募集要項に提出書類として明記されている書類のコピー(推薦状、学歴書、学業成績証明書、研究計画書、写真など)
  • パスツール研究所の研究部門長あるいはそれに代わる責任者からの受け入れ承諾状或いは招聘状 仏文(或いは英文)
  • 承諾状或いは招聘状が出願期限に間に合わない場合は、受入れに関する中間報告書又は交渉の経緯を示す書類
  • 業績 仏文(或いは英文)

【その他】

  • 本プログラムによる派遣中はフランス政府給費留学生の奨学金以外のフェローシップとの併用は不可。
  • フランス入国ビザ、渡航手続きは各自で手配すること。
  • 当該奨学生は赴任前にパスツール研究所の定める研修合意書(Convention de stage)に署名すること。

【出願手続き】

フランス大使館への申請書類のコピーと、上記の当財団へ提出すべき書類を同封の上、下記住所宛郵送してください。

〒104-0061
東京都中央区銀座6-3-2
ギャラリーセンタービル2階
日本パスツール財団 宛
Tel:03-6228-5361

【受付期間】

2017年6月25日から2017年9月30日(消印有効)

【問い合わせ先】

日本パスツール財団 事務局 (担当:中村日出男または山田恵子)
〒104-0061
東京都中央区銀座6-3-2
ギャラリーセンタービル2階
Tel:03-6228-5361、FAX:03-6228-5365
E-mail: jimukyoku@pasteur.jp
ホームページ:http://zaidan.pasteur.jp/

本募集要項に関し、ご質問等ございましたら、メールもしくはFAXにて遠慮なくご照会下さい。