Foundation Pasteur Japon

日本パスツール財団について
日本パスツール財団について

ホーム>日本パスツール財団について - 日本パスツール財団の活動 【日仏3者共同出資ポスドク奨学金プログラム募集要項】

日本パスツール財団について

日本パスツール財団の活動 【日仏3者共同出資ポスドク奨学金プログラム募集要項】

2020年度 募集要項

パスツール研究所-在日フランス大使館-日本パスツール財団の3者共同出資による
ポスドク奨学金プログラム 2020年度(2020-2021年)

一般財団法人 日本パスツール財団は、日仏科学技術協力推進のため、仏パスツール研究所・在日フランス大使館との3者共同出資により、仏パスツール研究所での研究活動を希望する博士研究者を対象にポスドク奨学金プログラムを実施します。

本年度の募集要項は以下の通りですので、期限厳守の上お申込下さい。

【申込資格】

  • 対象者:ライフサイエンス分野の博士号を日本で取得した者及び2019年10月31日までに日本で博士号取得が確実な者
  • 年齢条件:厳格な規準はありませんが、若手研究者の支援・育成を目的としています。

【派遣人数・派遣期間】

1名を2年間(24か月)

【奨学金給付内容】

  • 仏パスツール研究所・在日フランス大使館・日本パスツール財団から各々22,500ユーロ、3者計で67,500ユーロ/年を2年間支給する。ポスドク研究者は、仏パスツール研究所の給与所得者となるため、フランス国内法に従って、前記の額から税・社会保険料が控除された額を受給する。
  • 日本⇔フランス往復エコノミークラス航空運賃は、1,000ユーロを限度として日本パスツール財団が負担する。

【選考方法及びスケジュール】

  • ステップA:応募者は、仏パスツール研究所指定の下記5件の研究プロジェクトのいずれかを選択し、後述のBasic Application Formに記入後、PDFファイルとして2019年9月20日までにboursepdjapon@pasteur.frあてにメールで送付する。
  • ステップB:仏パスツール研究所の担当プロジェクト長はそれぞれ、自己のプロジェクトに応募があった候補者の中から1人を選考し、正式な申込フォーム(Complete Application Form)をその候補者に送る。候補者と担当プロジェクト長は共同で申込書を完成させ、2019年10月31日までにboursepdjapon@pasteur.frあてにメールで送付する。
  • ステップC:上記ステップにより集まった5件の申込の中から、仏パスツール研究所・在日フランス大使館・日本パスツール財団の3者の代表者から成る選考委員会によって、最終的に1名が選考される。最終選考結果の発表は、2019年11月29日の予定。 最終選考された1名は、2019年12月1日から2020年3月31日までの間に仏パスツール研究所に赴任する。


【5件の研究プロジェクト及びBasic Application Formダウンロード用のリンク】



【問い合わせ先】

日本パスツール財団 事務局 (担当:中村日出男または大谷恵子)
〒104-0061
東京都中央区銀座6-3-2
ギャラリーセンタービル2階
Tel:03-6228-5361、FAX:03-6228-5365
E-mail: jimukyoku@pasteur.jp
ホームページ:http://zaidan.pasteur.jp/

本募集要項に関し、ご質問等ございましたら、メールもしくはFAXにて遠慮なくご照会下さい。